まつげエクステですっぴん美人|目力UPで女力UP

ネイルのはじまり

ネイルの利用方法とは

現在、女性の多くが綺麗なネイルを楽しんでいます。 ネイルの歴史は古く紀元前のエジプト王族にまでさかのぼります。腐敗を防ぐための薬という説もありますが、もともと呪術的な意味がありました。 日本では平安時代から行われていましたがネイルアートというのではなく爪を染料で染めるシンプルなものでした。 その後1930年代にエナメルのネイルカラーが登場し、つけ爪やエナメルの色素沈着を防ぐためのベースコートやトップコートが登場しています。 現在ネイルをしてもらえる一つにネイル専門のネイルサロンがあります。ネイルサロンはネイリストがさまざまなデザインを提供し多くの人が利用しています。他にも自分でネイルをしている人もいます。

指先にも美を追求する人たち

利用している人の多くは女性ですが最近では爪の強度を強くするためなど男性も多くいます。 なぜかというと日本人男性はキレイに磨いたイギリス紳士をお手本としマナーとして爪の手入れをするのが明治時代からありました。その後一般女性が社会進出するようになり化粧と同じようにマナーとして浸透しました。 爪や手は髪型や服装などよりも目に触れる機会が多いのでオシャレ好きな人たちの自己アピールのひとつになっています。それと同時に他の人からしっかりしている人物だと見られるためでもあります。 マナーの基本として考えれている他にも多くの女性の中では指先や足先まで美を追求することで気分が上がったり美しい女性に近づけると考えています。